おっぱいを大きくする方法を試すなら注意点も知り尽くすこと

おっぱいを大きくする方法でアイテムに頼る手もアリ~瘦せすぎ注意~

おっぱいを大きくする方法を試すなら注意点も知り尽くすこと

婦人

過度なダイエットに気をつける

おっぱいは乳腺と脂肪が1:9の割合で構成されており、ほとんどが脂肪でできています。ダイエットといえば、脂肪を減らすためにカロリーを抑えたり、脂肪を燃焼させるために運動したりします。従って、脂肪からできているおっぱいも痩せていくことになります。しかし、普通にダイエットをしている限りおっぱいが極端に小さくなることなんてほぼありません。おっぱいが小さくなる時は過度なダイエットを行った時です。痩せたいからといって無理なダイエットには注意しましょう。

クリームやジェルも効果的

おっぱいを大きくする方法として、クリームやジェルが挙げられます。おっぱいに塗り込むだけで簡単にバストアップが見込めるので胸の大きさに悩んでいる女性の間で人気が高まってきています。クリームやジェル単体でも有効ですが、バストアップサプリなど内服薬との相性が良く塗り込む時にマッサージも行えることから、短期間での効果も見込めます。

授乳後のバストの変化

女性は妊娠すると女性ホルモンが働き、出産の2〜3日後にピークを迎えます。授乳から卒乳までの間、少しずつバストサイズはダウンしていきます。そして、卒乳後は、張りがなくなる、垂れる、乳首が黒ずむ、左右のサイズが異なる、などの変化があります。授乳後のバストの変化は個人差がかなり大きいものの、多くの女性が妊娠前とは形や張りが変わるようです。

いくつかの方法を試してみる

クリームやジェルの際にも少し触れましたが、複数の方法を併用することがバストアップには効果的です。クリームやジェルを塗り込む、マッサージを行う、バストアップサプリを服用する、などを同時に行うことでより短期間に、より大きな効果を得られます。また、その他にサプリを服用する際には含まれている成分まで注目することが大切です。以下で、成分は紹介しているので見ていきましょう。

バストアップサプリに配合されている成分ベスト3

no.1

プエラリア・ミリフィカ

プエラリアという実は、女性ホルモンによく似た成分が入っています。大豆の約40倍のイソフラボンが入っており、女性に嬉しい効果が期待できます。また、プエラリアと一緒に豆乳を摂取することでより効果が期待できるという結果もあります。

no.2

ワイルドヤム

ワイルドヤムには女性ホルモンの一つである「プロゲステロン」の分泌を活発にする作用があります。ホルモンのバランスを整えるという働きに注目が集まっており、アンチエイジングにも効果があります。

no.3

ブラックコホシュ

植物性のイソフラボンでできており、副作用もほとんど無いので体に優しく摂取し続けることができます。女性ホルモンを増やし、乳腺が刺激されますのでバストアップを実感することができます。